うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

【普通二輪教習】第二段階4時限目のシミュレーター教習を受けてきました

f:id:seikatsuhogo:20211008163324j:image

教習が入っている日はプレッシャーでご飯が食べられず、お腹がピーピーになるメンヘラナマポおじさんです。

 

カーブ走行

教習所内では時速40kmくらいまでしか出しませんが、路上では時速60km出すことになります。

今回は実車教習ではできないことを、シミュレーターを使ってやろうということらしいです。

 

まずは普通のカーブを時速40kmで曲がります。

4つカーブがあってだんだん角度が急になって行きますが、最後まで問題なく曲がれました。

続いて時速60kmでカーブを曲がります。

まだ問題ありません。

最後に時速80kmでカーブを曲がります。

3つ目までは曲がりきれましたが、4つ目の一番急なカーブは曲がりきれずにガードレールに衝突しました。

 

次はさまざまな路面状況でカーブを曲がります。

まずは雨で濡れている場合。

時速40km、60kmと順調にクリアして行きますが、時速80kmになると一番緩やかな1つ目のカーブでスリップして倒れました。

 

次は砂利が敷かれたカーブを曲がります。

時速40kmでは問題なくクリアできましたが、時速60kmでは一番緩やかな1つ目のカーブでスリップし転倒しました。

 

終わりに

今回の学びはカーブに進入する前に、スピードを落とせということですね。

スピードを出し過ぎていると曲がりきれないことがある、路面状況によっては転倒するリスクがあるということです。

 

路面状況を気にしなくてはいけないのは二輪車ならではなので、免許を取得後に公道で乗る時は気をつけなくては。