うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

【普通二輪教習】第一段階11時限目を受けてきました

f:id:seikatsuhogo:20211007123037j:image

大型二輪免許を取るつもりでしたが普通二輪免許に手間取りすぎて、やる気が失せつつあるメンヘラナマポおじさんです。

 

やる気が失せる

前回は普通にリアブレーキだけで速度調整をすれば問題なくクリアできるクランクを、欲をかいて断続クラッチで速度調整しようとして失速しすぎてコケて、みきわめを失敗しました。

2回目の第一段階みきわめです。

 

標準教習時限9時間のところ、今回で11時間目です。

もうこれ以上先に進まないと面倒臭さに負けそうなので、できることだけやっていきます。

 

第一段階みきわめ(2回目)

前回同様、卒業検定の1コースを走ります。

いつも通り放っておかれて一人で課題をこなしていきます。

 

今回は乗り始めたばかりの人と、やたら下手くそな人がいました。

やたら下手な人は何度か一緒になっているので結構乗ってると思うんですけど、一時停止で止まったっきり動かなくなったり、T字路を右折しようとしてエンストして動かなくなって、後ろに渋滞、左右から来ているのを進路妨害と凄かったです。

まともに走らせることもできないって相当ですよ。

 

私はというと前回と違い、クランクも危なげなくクリアできました。

というのも前回は断続クラッチでスピードコントロールしようとしていたのを、リアブレーキでスピードをコントロールするのに戻しただけです。

最初からできていたんですよ。

それを欲をかいて難しいことをしようとするから、無様に失敗していたんです。

 

担当教官に見守られながら課題を一通りやって、「問題ないですね。残り時間はコースを走ったり、課題をやったり好きに走って良いですよ」と言われ、クランク、一本橋スラロームを繰り返しやっていました。

 

そして無事みきわめ合格です。

次回から第二段階に入ります。

やったね。

 

終わりに

普通二輪免許を取ったらすぐに大型二輪免許も取るつもりでしたが、どうせ免許を取ったところでバイクを買える訳ではないのでどうでもよくなりつつあります。

普通二輪は教習料金を払ってしまったので取れるまでやりますが、大型二輪はちょっと厳しいかもしれません。

私のやる気が続かない的な意味で。

 

しんどいですね。