うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

うつ病生活保護受給者の精神科通院記録【2021年10月】

f:id:seikatsuhogo:20210930091308p:image

面倒くさがりながらも私に課せられた唯一の義務なので、行ってきました精神科。

 

8時30分出発

いつもと同じくらいの時間に、デパスを口に含みながらe-bikeで家を出ます。

ここのところ教習所通いをしているので、これまでよりは病院へ行くハードルは下がっているように思います。

 

8時38分病院到着

いつもより早く病院に着きましたが、私より前に2人いました。

 

同伴者がいる奴が待っている間ずっと喋っていました。

診察を受けに来ている患者が年寄りだらけで、年寄り嫌いな私は気が滅入りました。

年寄り同士で凄い声のボリュームで駄弁りだしますし。

 

そんな元気があるなら医者いらねーだろ。

普通の病院だけじゃなく精神科までサロンにし始めやがった。

早く死ね。

 

9時1分診察開始

医者「どうですか?」

私「変わらないです」

医者「季節柄変動がありますからね、体調崩さないように気をつけてください」

私「はい」

医者「ストレス源ができたりしたら言ってくださいね」

私「はい」

 

いつも通り3分診療です。

ストレス源になっている待合室にいる年寄りぶっ飛ばしていいですか?

 

 

いつも通りの薬、用量です。

 

終わりに

翌々日がコロナワクチンの2度目の接種日なので、帰り道にスーパーに寄って食料品を買い込んでおきました。

副反応がどれくらい続くのかわかりませんからね。

短くて軽めだと良いんですけど。