うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

無敵の人が出ない社会にするには

f:id:seikatsuhogo:20210913145448j:image

ほぼ無敵の人な、メンヘラナマポおじさんです。

 

無敵の人

時々世間を賑わすニュースがあると、ネット上で言われる何も失うものがない無敵の人。

 

私が思いつく中で最も古い無敵の人は、池田小学校殺傷事件を起こした宅間守です。

私立小学校に進入し、児童8人を殺害、15人を負傷させた事件の犯人です。

 

  • 裁判での発言(wikiから引用)

「今まで、散々不愉快な思いをさせられて生きてきた。」

 

「しょうもない貧乏たれの人生やったら今回のパターンの方が良かった。」

 

「幼稚園ならもっと殺せたと、今でもこんなことばかり考えてしまう。いずれにしても死ぬことはびびっていません

 

ja.m.wikipedia.org

 

  • 判決前最後の発言(2chから引用、真偽不明)

裁判長「判決の前に、被告は何か言いたい事はありますか?」


宅間「えー、発言してもよろしいか?・・・なら話すわ。まあ、まだ判決はでとらんのやけども、 もうすぐ出るし、わかっとる事やから、最初に言うとく。
どうも死刑にしてくれて、ありがとう裁判長さん。感謝するわ!
わし、死にたい思うてたから、ほんま助かる。やっと死ねるんやなーと思うとほっとしたわ」


・・・どよめく室内。怒号が飛び交う・・・


宅間「いわせてーな!」


裁判長「静粛に!・・・被告は裁判を誹謗しないよにしてください。
これ以上、不穏当な発言を続ければ退廷させます。いいですね」


宅間「今のは、誹謗とか批判ではのうて、純粋のワシの心から出たほんまの気持ち。わかってもらわんでもええ。
言いたい事はまだある。それは、殺してしもーた子供達にや!」

 

・・・どよめく室内。まさか?謝罪するのか?との期待感・・・


宅間「わしが殺したガキどもは、わしの自殺の為の踏み台の為に生きていたんやな!ほんま、感謝しとる。
あのガキが8人死んでくれたから、俺が死ねるんやから 感謝せなあかん!死んでくれてありがとう!!
でも、死刑になるだけやったら3人で十分やったな。残りの5人はおまけで感謝しといたる!」


・・・どよめく室内。裁判長が退廷を命じる・・・


宅間(引きづられなから)「おいコラァ!!くそガキの親ども!○○××△△!(実際は被害者の親の名前を連呼)
おまえらのガキの8人分の命はワシ一人を殺して終わりの程度の価値やったんやぞ!
エエ学校に行かせて偉そうにしとったから死んだんや!
ガキどもが死んだ原因はおまえらあるんや!せいぜい一生反省せいよ!
あの世でもおまえらの子供しばき倒したるからな!
あははははは!あははは!こらおもろい!」


・・・どよめく室内。 退廷・・・


(廊下から小さく、宅間「わしが8人を死刑にすんのに10分かかっとらんのに
わし一人の死刑に2年近くかかって随分ご丁寧な事やのー!!」)


5分ほど後に、判決文が読まれた。

 

親ガチャ

最近ネットで目にする「親ガチャ」という言葉。

学力や運動能力、容姿などは

遺伝と環境でほぼ決まるという研究結果に基づいて言われています。

 

ネット掲示板などでも、恵まれた状況にある方は「今の自分があるのは自分が努力した結果」「貧乏な人が貧乏なのは、学生時代に勉強しなかったから」というのをよく目にするかと思います。

日本人は努力信仰が強いように感じます。

そもそも努力できる環境にいることや、努力する能力自体が遺伝で決まるらしいですけど。

 

こうして努力できる(環境、遺伝的に)人が努力できない人を追い詰めると、開き直った無敵な人ができてしまうんじゃないかと思います。

 

無敵の人を生まないために

これまで日本は機会の平等を重視してきたと思います。

義務教育や高校無償化で教育を受ける機会、雇用機会均等法で誰でも好きな仕事に就ける機会など。

 

しかしこれらの機会を平等にしたところで、生まれ持った能力や育った環境に差があることから、結果に大きな差が生まれてしまう。

代を重ねるごとにその差は開いていくばかりでしょう。

 

ではどうしたらいいのか。

結果をある程度平等にするしかないのでは?

こういうと共産主義かよという声が聞こえてきそうですが、資本主義の行き着く先アメリカでは、フルタイムで働いていてもホームレスの人もいるとか。

それはおかしなことではないですか?

 

ベーシックインカムのようなもの

ベーシックインカムの話が出るようになって長いですが、月7万円とか10万円とか支給して、それに伴い社会保障を全て打ち切るとか、そんなみみっちい話は辞めましょう。

 

まず「普通の日本人」を定義します。

例えば食費は一人月3万円で、結婚して子供が二人いて、高校までは公立、大学は私立文系、30歳で家を買い、5年に一度ミニバンを買い替えるとします。

これを全て無料にするというのはどうでしょう?

全て日本国民みんなが持っているマイナンバーカードで管理します。

 

スーパーに食料品を買いに行く。(外食でもいいですけど)

1人1ヶ月2万円までは、マイナンバーカードを出せば請求書が国に行く。

もっといっぱい食べたい、安い食品じゃ満足できないという人は、1ヶ月3万円を超えた分は自腹で払う。

 

車のディーラーでマイナンバーカードを出せば、「前回の支給から5年経過しているので、ミニバン1台無料で支給します」と。

車に興味がないから10年乗り潰すわという人は、ミニバンが支給される権利を交換や売買できるようにする。

ミニバンじゃ嫌だ、スポーツカーが良いという人はミニバン1台分の金額を引いた差額を自腹で支払う。

 

暇は持て余す

こうなったら誰も働かないぞと言う人がいるかもしれませんが、暇は持て余します。

最初はやりたいことだけやってやると息巻いていても、無限に時間があるのでやりたいことはあっという間にやり尽くしてしまい、何もしないと頭がおかしくなりそうになります。

 

生活保護で医師から就労不能という禁治産者の烙印を押されている私でも、かれこれ数年毎日このブログを更新しています。

これが心も体も健康な普通の人だったら、「ストレスや嫌なことがない範囲でちょっと働くか」となるのでは?

 

終わりに

長々と書いてきましたが、無職のナマポのおっさんがブログを毎日更新するためにネタを絞り出し、10分で考えたことです。

ツッコミはご容赦ください。

 

財源?

法人税所得税累進課税でいいんじゃないすか?

無職のおっさんが考えなきゃいけないことではないです。

 

お付き合いいただきありがとうございました。