うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

うつ病生活保護受給者の公共料金【2020年8月分】

f:id:seikatsuhogo:20200913090623j:image

電気、水道、ガスの公共料金の支払いにあらかじめ7千円を計上しているんですが、真夏日が続いたことで予算オーバーしてしまったメンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

2020年8月の電気代

250kWh 6548円

 

ほぼ24時間エアコンを28度設定で、サーキュレーターを最弱設定で使っていました。

どちらかでも止めると不快感が許容範囲を超えるので、仕方がなかったと言えば仕方なかったんですが、静寂に耐えられず観てもいないのに無駄にテレビを点けっぱなしにしたりしていたのも、電気代高騰の一因かと思います。

 

毎年8月が一年で一番電気代が高いんですが、今年は今のアパートに入居してから最高値でした。

節約して帳尻を合わせなくては。

 

2020年8月のガス代

0.6㎥ 2057円

 

一日2、3回マキネッタでエスプレッソを淹れるのと、週に一度くらいのシャワーで使っていました。

プロパンガスなので高いですが、引きこもりなので風呂の頻度を減らすことで抑えられているかな、と。

毎日シャワーを浴びていたらどれくらいのガス代になるのか、想像するだけで恐ろしいです。

 

2020年8月の水道代

5㎥ 528円

 

二ヶ月に一度の徴収で、生活保護なので半額に減免してもらっています。

 

さらにコロナウィルス対策ということで、上水道分が減免されました。

いつまで減免されるかはわかりませんが、こちらはすべての家庭が対象になる減免のようです。

 

終わりに

残暑が厳しく9月もエアコンとサーキュレーターを点けていることが多かったので、次回も電気代の節約は厳しそうです。

春と秋だけの二季になれば良いのに。