うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

カルカッタコンクエストBFSを処分して、19アンタレスを買おうと思います

f:id:seikatsuhogo:20200621163243j:image

思っていたんと違う…

どうも、期待を裏切られた失意のメンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

バスフィッシングに復帰するまで

最近カルカッタコンクエストBFSという、ベイトリールでありながら軽いルアーを投げられるベイトフィネスリールを購入しました。

 

バスフィッシングに復帰したのは最近ですが、昨年私の中で渓流釣りとキャンプがしたい欲求が湧いておりまして、その時に目を付けていたのがカルカッタコンクエストBFSでした。

ただ一緒にキャンプをしたいと思っていた愛犬が亡くなり、私の中でキャンプや渓流釣りに対する熱量は無くなっていました。

 

その時の記憶に引っ張られる形で、20年前に引退して釣りの知識が止まっている私は「重いルアーだけじゃなく軽いルアーも投げられるベイトフィネスって最強じゃん」とカルカッタコンクエストBFSを購入しました。

 

ベイトフィネスは器用貧乏

カルカッタコンクエストBFSを購入して、実際に使ってみての感想なんですが、確かに軽いルアーも投げられます。

具体的には5gくらいのルアーを、15mくらい投げられます。

 

ただ飛距離が全然伸びないんですよね。

軽いルアーだけでなく、7g以上あるようなベイトリールが得意とするくらいの重さのルアーまで、大して飛ばないんです。

 

これは二兎を追って、一兎をも得られないことになっていませんかね。

 

悔しい思いをさせられる

この間県内でもバスフィッシングで有名な湖に行った時、朝早くボイルするバスを見てそこにPOP-Xを投げたかったんですが、届かなかったんですよね。

 

それほど距離は離れていません。

でも届かなかった。

 

釣りのスタイルの問題なのかもしれませんが、近距離にピンポイントでルアーを送り込むような釣りや、渓流のような飛距離が重視されない釣りでは良いのかもしれません。

 

でも湖で近場にポイントがないところで釣りをする時などは手持ち無沙汰になってしまいます。

30mくらい先にある浮島の際にルアーを送り込みたくても、全く届かなくて「私は何をしに来たんだろう」と途方に暮れました。

 

事前にポイントを調べて、それに合わせたタックルを用意すべきなのでしょうが、1本で全てを賄いたい私にはカルカッタコンクエストBFSは持て余す結果となりました。

 

っていうか近距離にピンポイントで投げ込むなら、延べ竿で良いですよね?

 

スプール径で飛距離が変わるらしい

カルカッタコンクエストBFSを含め、シマノのベイトフィネスに使われるリールのスプールは32mmのようです。

 

そして遠投で有名なアンタレスDCは37mm、後継機のアンタレスDC MDは38mmと、ベイトフィネスリールと比べて大口径です。

 

スプールが大きければ大きいほど重いルアーに適性があり、遠投性能が高い?

 

19アンタレスが欲しい

最新の19アンタレスはスプール径が34mmだそうです。

 

釣り系YouTuberの方などの投げ比べ動画を見ていると、飛距離はアンタレスDCと19アンタレスでそれほど変わらないようです。

 

お値段はDCブレーキ搭載の古いアンタレスの方が1万円以上高いようですが、DCブレーキというのはバックラッシュをしづらくする機構のようで、そもそもそんなもの付いていないベイトリールをこれまで使ってきた私には不要です。

 

しかも19アンタレスはスプール径が34mmになったことで、軽いルアーを投げるのもDCブレーキ搭載リールより飛びやすいようです。

 

終わりに

単純にスパッと遠投ができれば、鬱々とした気分も晴れそうです。

これはもう19アンタレスを買うしかないのでは?

私がバスフィッシングをやるには、アンタレスDCに比べてお値頃な19アンタレスが用途としてドンピシャな気がします。

 

さあ、あとは購入資金を捻出するだけだ…