うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

うつ病生活保護受給者の精神科通院記録【2020年6月】

f:id:seikatsuhogo:20200609140604p:image

体感では1、2週間くらいしか経っていなさそうなのに、薬がなくなってもう1ヶ月経つのかと驚いているメンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

面倒くさがりながらも、私に課せられた唯一の義務なので行ってきました、月一の精神科。

 

8時31分出発

早朝覚醒で午前中は眠いです。

いつものようにe-bikeで病院に向かいます。

家を出る前にデパスを口に含むのを忘れずに。

 

8時40分病院到着

いつもと同じくらいに着きました。

私の前には2人いました。

いつもと変わらないのに3番目…

待ち時間が長くなりそうで嫌です。

 

9時診察開始

医者「どうですか」

私「変わらないです」

医者「コロナウィルスで世間が暗いのもあるかもしれませんね。

  でも収束に向かっているので人混みを避ければ外出しても良いかもしれません。

  そういう気分にはならないかもしれませんけど」

医者「前回悪夢を見るって言っていましたが、それも変わらず?」

私「はい」

医者「今起きていることが原因でないなら考えすぎないように」

 

いつものように3分診療でした。

今日は診察の後に採血をして終わりです。

 

 

いつもと同じ薬、同じ容量です。

 

終わりに

薬局で薬を待っている間に、7月に迫っているアパートの更新の契約書を郵送してきました。

 

薬を受け取った後はネットで調べたバスフィッシングができそうな場所の下見へ。

e-bikeで川沿いを走っただけなので魚影などは見ていませんが、釣り人がいましたし辺りに「釣り禁止」のような看板はなかったので釣りをすること自体は問題なさそうです。

 

ネットショッピングで注文していた釣り具が届いたら、朝早く暑くなる前に来て、20年ぶりに釣りをしたいと思います。

釣れるかな。

それよりも体力がもつかな…