うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

うつ病生活保護受給者の精神科通院記録【2020年5月】

f:id:seikatsuhogo:20200512192457p:image

月一で精神科に通院していますが、もう1ヶ月経ったのかと驚くほど中身のない日常を送っています。

面倒くさがりながらも、私に課せられた唯一の義務なので行ってきました、精神科。

 

どうも、メンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

8時27分出発

いつもどおりe-bikeで、デパスを口に含み家を出ます。

今日は気温が25度を超えるようで薄着で行こうかと思いましたが、朝はまだ涼しいので先月と同じジャケットを着て行きます。

 

8時33分病院到着

私が一番乗りでした。

早く家を出過ぎ、信号に一度も捕まらなかったのでいつもより早く着きました。

 

8時54分診察開始

医者「どうですか?」

私「子供の頃、父親からDVを受けた時の夢を見て飛び起きることがあります」

医者「最近お父さんのことでストレスになるようなことがあった?」

私「ないです」

医者「昔のことを思い出すこと自体に特に意味はないので、考えすぎないようにしてください

 

いつもと同じ3分診療でした。

 

 

いつもと変わらない薬、容量です。

 

終わりに

薬局に処方箋を提出して、待っている間にマクドナルドに行ってテイクアウトするというファインプレイをかまして来ました。

ソーセージマフィンチキンクリスプマフィンの合計250円貧乏セットです。

たまにジャンクフードを食べると、体に喝が入る感じがしますね。

 

これでまた1ヶ月のニートライフの始まりです。