うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

うつ病生活保護受給者の精神科通院記録【2020年4月】

f:id:seikatsuhogo:20200415100713p:image

この1ヶ月何をしていたか記憶がないくらい、あっという間でした。

今月も私に課せられた唯一の義務なので、行ってきました精神科。

どうも、メンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

8時30分出発

いつもどおりe-bikeで出発です。

先月までは真冬用の上着を着ていましたが、今日はもう必要なさそうな天気予報です。

ただちょっと風邪気味っぽいので今日も真冬用の上着で行きます。

 

8時36分精神科到着

一度も信号に捕まらなかったので、いつもより早く着きました。

まだ病院が開く前で、私の前にはおばさんが一人いました。

 

8時43分診察開始

私の前にいた人は予約をしていなかったのか、私が一番に呼ばれました。

 

医者「どうですか?」

私「亡くなった犬の寝床などをずっとそのままにしていたのを片付けました」

医者「時間は必要ですからね

   体調などは大丈夫ですか?」

私「一昨日くらいから風邪っぽいです」

医者「コロナウィルスも流行っていますし、無理せず体休めていきましょう」

私「はい」

 

いつもどおり3分診療でした。

 

 

いつもと同じ薬、同じ容量です。

 

終わりに

9時20分帰宅。

いつもより早く家に着けました。

 

先月は病院の帰り道に桜が咲いていないか見て帰ったんですが、まだ三分咲きくらいでした。

それももう散ってしまったんですね。

花の命は短い。

 

暖かくなってきたので外に出たい気持ちも若干湧いてきたんですが、コロナウィルスがあるので外出自粛します。

まあコロナウィルスがなくても、結局外には出ないんですけど。