うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

うつ病生活保護受給者の役所との関わり

f:id:seikatsuhogo:20190604161059p:image

毎年恒例、生活保護受給者の役所への「資産申告書」と「収入申告書」の提出の時期がやってきました。

役所へ行かなければいけないので、憂鬱なメンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

生活保護受給者の役所との関わり

生活保護になった当初は、毎月精神科を受診するために医療券と調剤券をもらいに役所へ出向いていました。

生活保護受給者はそれがないと病院にかかれないんですね。

これが知り合いに見られるかもしれないと、嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

ただ精神科の通院から半年ほど経って、自立支援医療制度を申請した後は医療券や調剤券は不要になりました。

それで役所へ行くことも、年に一度の自立支援医療制度の更新と、生活保護の資産申告書、収入申告書の提出の時だけになっていました。

 

あとは3、4ヶ月に一度、ケースワーカーが家庭訪問に来て、変わりがないかなどをお話しするだけです。

 

役所へ行くのが久しぶりで震える

今月の生活保護の支給のお知らせと一緒に、資産申告書と収入申告書の提出をするようにとのお達しが郵便で届きました。

月末までに提出すれば良いようなので、精神科の通院日に帰りに役所に寄って提出してこようと思います。

 

しなければいけないこと

  • 資産申告書の記入、押印
  • 収入申告書の記入、押印
  • 通帳を記帳して最新の残高を見られるようにする
  • 役所へ行き、上記のものを提出する

面倒くさいです。

ただまあ年に一度のことですし、生活保護受給者の義務なので仕方ないですね。

 

病院に行く前に資産申告書と収入申告書を記入して、銀行に通帳を記帳しに行って提出してきます。

 

終わりに

これが終われば自立支援医療制度の更新に行くまでは役所へは行く必要がないはずなので、自分を奮い立たせて頑張ります。

あー、めんどくさい。