うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

人生ってなんなんでしょう?

なにもかもどうでもいい

ここのところ考えていることがあります。

人生ってなんなんでしょう?

 

人生に行き詰まっている、メンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

  

なにもかもがどうでもいい

ここのところ「なにもかもどうでもいい」思考に取り憑かれています。

考えているうちに不安になって、デパスを飲んで眠くなって寝る。

これを繰り返しています。

 

人の命はティッシュにぶちまけられていたかもしれない程度の重さ

私がここにいるのは運命とかロマンチックなことなんかではなく、父親が母親に発情して着床したからに過ぎないんですよね。

性欲を発散した副産物です。

もしかしたらティッシュにぶちまけられてゴミ箱に捨てられていたかもしれない、その程度の重さの命でしかないわけです。

 

私が男だから?

こういう考えになるのは私が男だからでしょうか?

女の人は自分のお腹の中に10ヶ月間入れていて、「死ぬほど痛い」という痛みを伴って産むからこういう風には考えないんでしょうか?

 

なにもかも無意味に思える

どんなに素晴らしい人生を送ったとしても、歴史の教科書に載るような偉人にでもならなければ、100年後には誰も知らないわけです。

今はWikipediaとかがあるので、もう少し簡単にはなっているのかもしれませんが。

 

100年後自分の存在などなかったかのように動いている世界。

それを想像すると、平凡に生きて死ぬのも道端で野垂れ死ぬのも大差ないような気がしてきます。

 

生きる原動力ってなに?

私は犬を飼っています。

14歳のメスの乳癌を患っている子です。

あとどれくらい生きてくれるかわかりませんが、この犬がここ数年私の生きる理由でした。

 

犬の胸の腫瘍が大きくなって自壊したのを見て、犬が死んだら私はなにを生きる理由にすればいいのだろうと行き詰ってしまいました。

seikatsuhogo.hatenablog.com

幸い自壊した傷は小さく、薄皮が貼って出血などはすぐに止まったんですが、そのうち、そう遠くない未来、犬が亡くなった後のことを考えると不安感で気が変になりそうになります。

 

私には性欲がない

うつ病になってからというもの、私には性欲がありません。

ですので女の人とどうこうなりたいという気が起きません。

 

さらに私はうつ病の現在だけでなく、過去にも生きづらさを感じて生きてきました。

それは遺伝や成育環境由来のもので、私にはどうしようもなかったであろうことです。

seikatsuhogo.hatenablog.com

 

そうなると「この世界は生まれてくる価値がない」という考えになっていきます。

 

どこにも居場所がない

人によっては結婚して子供を作って家庭を築いたり、それを生きる原動力にしている人がいるのかもしれません。

ですが私は前述の通り、反出生主義的なところがあります。

なので意図的に子供を作ることはありませんし、性欲がないので弾みでできてしまうこともありません。

 

私に残された唯一のものが犬です。

犬がいなくなったら、私はなにを支えに生きればいいのでしょう。