うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

シンプルなキーオーガナイザーが欲しい

f:id:seikatsuhogo:20190107174646g:image

持ち物にはとことん拘りたいアスペルガー疑惑のある、メンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

妥協は親の仇です。

 

シンプルなキーオーガナイザーが欲しい

f:id:seikatsuhogo:20190107174757g:image

海外のクラウドファンディングサイトを見ていて良さそうなのを見つけました。

microという必要最小限の機能しかない、ただ鍵をまとめただけのキーホルダーです。

www.indiegogo.com

とてもシンプルで魅力的なんですが、送料込みで2600円もします。

ネジを穴に通しただけじゃん、と思ってAmazon楽天でそれらしいものがないか探していました。

 

裁縫素材

ネジ式カシメとか片ネジ式ビスというものが近いように思いました。

 

お値段もとてもリーズナブルですが、鍵と鍵の間に挟むクッションのようなものがありません。

それがないと鍵を上手く取り出したり、ピタッと止まってはくれないのでは、という懸念があります。

 

振り出しに戻りました。

 

ネジ一本2600円

考え方を変えてみます。

とてもシンプルで魅力的なキーオーガナイザーではありますが、ネジ一本に2600円というのは法外なのではと思わずにいられません。

 

更にAmazon楽天で似たような商品がないか探してみました。

 

keysmart 

f:id:seikatsuhogo:20190107175852j:image

keysmartという、これもクラウドファンディング出身の商品のようです。

構造はmicroがネジ1本だったのに対し、keysmartはネジ2本で、鍵をステンレスの板2枚で挟む構造です。

 

keysmartがだいたい3200円くらいです。

キーホルダーに3200円は高いとも思いますが、microの2600円を見た後だと割安感すら感じてしまいます。

 

圧倒的シンプルさ

悩ましいところです。

シンプルさで言えばmicroが圧倒的です。

一切無駄のないデザインが惹きつけられるものがあります。

ですが適正価格は1000円くらいではないでしょうか。

是非とも欲しい商品ではありますが、2600円ではおいそれとはいきません。

 

持ち歩く鍵

整理しておきますと、私が持ち歩く鍵は

  • 自宅アパートの鍵
  • 自転車の鍵
  • クラウドファンディングで出資している電動自転車の鍵(まだ手元にはない)
  • 電動自転車のためのU字ロックの鍵(まだ手元にはない)

 

以上の4つになります。

 

下2つは持ち手にプラスチックカバーの付いた鍵になると思います。

そうなると剥き出しのmicroでは不恰好になりそうな気がしています。

余計な部分を覆い隠してくれるkeysmartも悪くない選択な気がしてきました。

 

保留

取り敢えずクラウドファンディングで出資している電動自転車が届かないことには決断は下せません。

現時点では、財布とキーホルダーに鍵をつけている状態で不自由はしていませんからね。

seikatsuhogo.hatenablog.com

 

最後に

物欲が次から次に、ひっきりなしに湧いてきます。

すべて叶えられるだけの経済力がないので、吟味に吟味を重ねて決断を下さねばなりません。

まあこうして考えている時間が一番楽しいのかもしれませんけど。