うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

【ケンカツ】生活保護受給者がドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」4話を観ました

f:id:seikatsuhogo:20190208100132j:plain

生活保護受給者がドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」4話を観ました、どうもメンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

今回のゲストは安達祐実でした。

役柄はシングルマザーの生活保護受給者です。

 

子供の頃「家なき子」を観て育ったので、感慨深いだろうなと観始めたんですが…

 

シングルマザーの憂鬱

安達祐実の役は、夫からのDVが原因で離婚した保育園児のいるシングルマザーというものです。

役所からの就労指導のプレッシャーに応えようと面接を受けますが、残念ながら不採用。

しかし役所からのプレッシャーや救いのない世間に負けて、子供に八つ当たりをしてしまう。

 

ケースワーカー

「頑張ってください。踏ん張ってください。負けてほしくないんです。」

 

追い込まれ突発的に自殺を試みる安達祐実

それを引き留める吉岡里帆

「私は生活保護をもらうような人間じゃないんです(涙)」

 

先輩ケースワーカー井浦新さんの薦めで精神科を受診することに。

診断はうつ病

しばらくは療養に専念し、就労活動は休むことに。

 

感想

私は子供はいないんですけど、犬を飼っています。

その犬は私にとって二匹目の犬で、一匹目と十年ほど一緒に飼っていました。

それが一匹目が突然亡くなって、家が競売にかかり家族が離散しました。

私と二匹目の犬だけになりました。

 

二匹目の犬は飼い始めた頃から先住犬がいて母親は専業主婦で、一匹になるということがない環境で育ちました。

それが住み慣れた家から引っ越すことになり、更に先住犬も家族もいなくなりました。

 

私が役所や病院に行って留守番をさせると、寂しくてすすり泣くんですよね。

もう十歳を過ぎて初めての環境の変化です。

私の無力のせいでそうなっていることが申し訳なくて、でも役所からは就労指導のプレッシャーがあって。

 

私のここ数年のことがダブって、ちょっと涙なしでは観ていられませんでした。

 

最後に

本当に観るのにエネルギーがいるドラマです。

次回は父親からDVを受けた受給者の話らしいんですけど、私も父親からそれらしいことを受けたんですよね。

生活保護を受ける前、一年くらいに渡って。

なのでちょっと観るのに躊躇してしまうので、いつになるかわかりませんが観たらまた記事にします。