うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活(ミニマルライフ)@welfare_minimal

若いうちにやりたいことをやって、それが済んだら死ねばいい

f:id:seikatsuhogo:20180722104712j:image

私がうつ病だからなのか、長生きしたいとは思ったことがありません。

年を取ってからお金や時間に余裕ができても仕方ない

色々なことにチャレンジできるのは若さ故の無知であったり、フットワークの軽さからくるんじゃないですかね。

年を取ってからお金や時間が手に入っても、その頃には守りに入っていてやりたいことができなくなっているかもしれません。

ここが痛い、そこが痛いと病気を抱えながら何かできますかね。

そうなるとお金も時間も持て余すことになって、なんのために若い時間を犠牲にしてきたのか、となりそうです。

 

私個人的には

私は結婚したいとか、子供が欲しいとか、家を建てたいとか、良い車に乗りたいとかいう欲がありません。

機能不全家庭で育ったアダルトチルドレンなので、家庭というものにポジティブな印象がないからかなと思います。

seikatsuhogo.hatenablog.com

家庭を持たないなら小さい賃貸で充分ですし、田舎でもないので車も必要ないんですよね。

なのでまあ私が人生で成し遂げたいことというのは特にないんですけど。

特にないので生きている意味もないなと感じています。

 

短命家系

うちの家系、男はだいたい五十代でガンになって死んでいます。

ですので老後に楽できるとか、手厚い保障があるとかいうのは私にとってはなんの報酬にもなりません。

やりたいことがあるなら今すぐやらねば、と思っています。

ただうつ病のせいか、特にやりたいこともなく。

たぶんあったとしても行動を起こすまでには至らなそうですけど。

 

最後に

そんな感じなのでいつ死んでもいいと思いながら生きています。

犬を飼っているのでその子を看取るまでは死ねない、くらいのもんです。

 

みなさんは何が面白くて生きているんでしょう?