うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活(ミニマルライフ)@welfare_minimal

ウルトラライトパッキングで世界一周したい

f:id:seikatsuhogo:20180802120536j:image
キャンプの記事でウルトラライトパッキングに惹かれている、と書きました。

ただキャンプは虫や外で寝ることが不安なのでやるかはわかりません。

そこで世界一周海外放浪です。

 

seikatsuhogo.hatenablog.com

 

夢だった世界一周

うつ病になる前、年単位の時間をかけて世界一周するのが夢でした。

夢といっても具体的にそのために必要なことなどは特にせず、おぼろげに「いつかは世界一周したい」と思っていた程度なんですが。

 

機内持ち込み荷物だけで世界一周

まだ持っていない物だらけなんですが、世界一周すると仮定して何を持っていくか、evernoteに書き出してみました。

それをコピペします。

 

バックパック 1900g

 

貴重品

  • パスポート
  • ビザ
  • 財布
 

カメラ類 2kg?

 

パソコン 合計 2048g

  • 変換プラグ 127g
  • 蛸足タップ 500g
 

モバイルバッテリー 合計 760g

  • 10000mah 180g
  • 26800mah 580g
 

  • Tシャツ ×3
  • パンツ ×3
  • 靴下 ×3

 

 ゴアテックス(雨具) 合計 593g

  • ジャケット 335g
  • パンツ 258g
 

吸水速乾タオル 57g

持ってない物だらけなので、アマゾンやメーカーホームページに書かれている重さを書き出しました。

 

当日身に付けるものも含まれているので、格安航空(LCC)の機内持ち込み制限の7kgには収まると思います。

 

世界一周旅行者の荷物は無駄が多い

実際に世界一周している人のブログを見ていると、旅先で買えるようなものも日本から持って行って大荷物になっているような気がします。

 

服は当日着ていくものも含めて三日分くらいあれば充分じゃないですかね。

歯ブラシやシャンプー、石鹸、洗剤など消耗品は人間が生活しているところならどこでも手に入ると思うので、敢えて日本から持って行く必要はないように思います。

 

必要最低限のものだけで生活

必要最低限のものだけでの暮らしはミニマリズムの極地と言えるのではないでしょうか。

このブログの開設当初の趣旨です。

一切無駄がなくて、想像しただけで堪りません。

 

日本に帰ってきてからも最低限必要なものだけの生活は続行したいですね。

といってもまだまだ世界一周なんてできる予定も予算も状況でもないので、絵に描いた餅なんですけど。

 

いつかうつ病が治って生活保護を抜ける日が来たら、世界一周してみたいと思います。

その日のためにこの記事をアップしておきます。