うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

ここ数年の私の心の拠り所は犬です

f:id:seikatsuhogo:20180719125709j:image
今年で14歳になるお婆ちゃん犬を飼っています。

胸に大きなしこりがいくつもあって、乳ガンだと思うんですけど、あとどれくらい生きてくれるか。

 

うつ病?になったきっかけ

前にもう一匹飼っていたんですが、その子が突然亡くなって他にも色々なことが重なってうつ病?になりました。

何も手につかなくなって寝た切り状態でしたが、もう一匹飼っている犬がいたのでギリギリ踏ん張ることができたんだと思います。

 

そして生活保護申請へ

もう生きていたくもないと自殺も考えましたが、私が死んだら誰が犬の面倒を見るのか、高齢犬の引き取り手なんていないだろうから、保健所送りにされて殺処分されるのではないか。

十年連れ添って人間の家族以上に大事に思っていたので、それだけは避けたくて恥を忍んで生活保護を申請しました。

 

この犬を失ったら

今飼っている犬が亡くなったら私も人生の幕を閉じようと思っています。

生きている意味がもうなくなりますからね。

ここ数年は犬を看取ることが私の生きる理由になってました。

それを失えばもうこの世に用はありません。

 

最後に

残された時間を犬とできる限り一緒に過ごしたいと思います。

生活再建する気もないのに生活保護をいただいていることを御詫びします。