うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活(ミニマルライフ)@welfare_minimal

自立支援医療の申請が受理されました

f:id:seikatsuhogo:20180531070305j:image

 

 

自立支援制度の審査が降りました

役所で申請したのが三月の終わりで、結果が出るまで二ヶ月くらいとのことだったので、正に読み通りでした。

seikatsuhogo.hatenablog.com

 

何が変わるのか

 これまでは精神科の受け付けで

を出していたのが、今後は

になるものと思われます。

 

生活保護受給者はどちらにせよ医療費はゼロ

生活保護受給者の自立支援医療での自己負担割合は0割です。

ぶっちゃけ生活保護は医療費が自己負担ゼロなので、こちらとしては申請したところで負担額の変化というものはありません。

病院での受け付けの際、提出するものの数も減っていませんが、今後はいちいち病院に行く前に役所に医療券をもらいに行く手間が省けます。

役所へ行くと精神が磨り減っていた私にはこれは大きい。

 

自立支援医療の有効期限は申請から一年で、既に二ヶ月経っているので残り十ヶ月。

有効期限の二、三ヶ月前から更新ができるようなので、七、八ヶ月後にまた申請をしないといけないようです。

これはちょっと面倒くさいですが。

ただ役所へ行く回数が月一から用があるときだけ、になるのは気が楽です。

 

病院に行くハードルが一つなくなりました

精神科で診断書を書いてもらう件や申請がわからないことだらけで面倒でしたが、病院に行く前に役所へ寄るために少し早めに家を出ていたのが不要になります。

若干ストレスが減りました。

 

薬局も同様です。

これまでは

を提出していたのが、

になると思われます。

 

ストレスが減りました。

来月からはこれまでより少し気持ちが楽に通院できそうです。