うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活(ミニマルライフ)@welfare_minimal

枡野俊明さんの「考える前に動く習慣」を読みました

f:id:seikatsuhogo:20180216114256j:image

枡野俊明さんの「考える前に動く習慣」を読みました。

引用レビューします。

はじめに

 まず動く。そうすれば、何かが変わる。何かが始まる。

 まず動く。そうすれば、体調がよくなる。元気が出る。

 まず動く。そうすれば、余計な悩みや不安が消えていく。

 まず動く。そうすれば、自信が生まれる。成果が上がる。

 

 禅では、何より「行動」することを重んじます。「禅即行動」という言葉もあるくらいで、その修行の基本は、同じことを理屈抜きで繰り返すということに尽きます。

 毎日毎日、寸分の違いもなく、坐禅を、読経を、作務を……身体を使って繰り返していく。そのことによって、つらいな、面倒だな、嫌だな……という気持ちが先立つ前に動くーーそう、「考える前に動く」習慣が身についていくのです。

 曹洞宗大本山總持寺貫主を務められた板橋興宗禅師は、常々こんなことをおっしゃっていました。

 「これはやった方がいいかな、それともやらない方がいいかな……と考えるから動けなくなる。頭に持ち上げるな。動いてしまえば、なんのことはない」

 あれこれ考えたところで、行動しなければ何も答えは出ません。

 まず行動してみて、もし、間違ったら、それでもいいではないですか。そこから貴重な経験を得られます。教訓を得られます。そしてまた行動を正していけばいい。

 

肝心なのはスピードより「スタート」

 ウォーキングしようと思ったら、直近の機会にそれを実行に移すのです。

 朝の習慣にする心づもりであっても、夜にそれを思い立ったのならもう実践してしまう。会社帰りに思い立ったのならさっそく最寄り駅のひとつ手前の駅で降りて、家まで歩くのです。

 行動力を高めるための要諦は、スピードというより「スタート」。

 「思い立ったが吉日」といいますが、「思い立った」あとに「行動」を起こすまでの時間を限りなく短くするーーそれが、いい習慣を身につけるコツといえます。