うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活(ミニマルライフ)@welfare_minimal

中谷彰宏さんの「片づけられる人は、うまくいく。」を読みました

f:id:seikatsuhogo:20171226153030j:image

中谷彰宏さんの「片づけられる人は、うまくいく。」を読みました。

鬱々してなかなか読み進められませんでしたが、なんとか読み終わりました。

引用レビューします。

 使うことが、モノへの愛情だ。

いい洋服ほど、クローゼットにずっと入れたままになっています。

1度も着ていなかったり、1回しか着ていないのです。

汚れては困るので、普段はなかなか着て行けません。

それが、部屋のモノが増える大本です。

高級品が、部屋を散らかしていることが多いです。

 

取っておくのは、汚したり壊したりしたくないからです。

モノは、壊れないようにすることが愛情ではありません。

使うことが、モノへの愛情です。

愛情の表現が間違っているのです。

「汚れないように、ちゃんとしまってあります」というのは、服としては悲しい展開です。

本来、汚れてもいいから、使ってもらうことが服の喜びです。

 

「持っていることで満足する生き方」と「使うことで満足する生き方」のどちらを選ぶかです。

持っていることで満足する人は、ひたすらモノが増えて行きます。

持っていることで満足する生き方を、早く切り替えた方がいいのです。 

 

「少し足りない」が、ぜいたく。

片づけられない人は、少し余るのが贅沢だと思い込んでいます。

本当の豊かさは、「少し足りない」です。

食事で言うと、「もうちょっと食べたい」が一番贅沢です。

満複で喜んでいる人は、肥満一直線です。

懐石料理は、「こんな大きいお皿にちょこっとしか入っていない。高い」「食べた気がしない」と言います。

「もう一口食べたいな」というところが、一番おいしい瞬間です。

満腹の後は、胸やけが起こります。

片づけられる人は、豊かさの基準で「少し足りない」を目指します。

片づけられない人は、「少し余る」という基準を目指します。

これで、片づけられない人は、太るのです。

 

「もう一口食べたいな」というところで止めるのが、美味しさのピークです。

講演の感想でベストなのは、「もう少し聞きたかった」です。

「大変満足しました」「満腹です」という感想は、「長いよ」ということです。

家の中のモノも同じです。

「少し足りない」となっても、生活に不具合が生まれないのが現代の生活です。

「あれがないね」となっても、すぐ買いに行けたり、すぐ届いたりします。

「余るぜいたく」を卒業することです。

「余るぜいたく」は、地方の100年前の豊かさなのです。

 

自分の部屋を、倉庫にしない。

家の中にモノが溢れている人は、自分の部屋を倉庫にしています。

今の時代は、コンビニが倉庫をやってくれます。

本来、倉庫と住むところは違います。

モノを溢れさせて、「私は収納上手です」と自慢する人は、収納の行き届いた倉庫に住んでいるのと同じです。

自分の部屋を、倉庫にしてはいけません。

 

モノが少なければ少ないほど、その空間が豊かで、ぜいたくで、オシャレになります。 

 

流行に左右されないモノを、持つ。

流行に左右されるモノだけを持っていると、去年買った服があるのに、今年用に買ったりします。

毎年、服を買うことになるのです。

 

クローゼットの中が服でパンパンになっている人は、自分の好きなスタイルのモノを持っていません。

まず、「流行主軸のモノ」と「流行に左右されない自分軸のモノ」を分けることです。

流行に左右されないモノを持っていると、買う量が減ります。

捨てる量を増やす前に、買う量を減らすことで、片づくのです。

限られた予算の中では、買う量が減ると、その分、いいモノを買うことができます。

安いモノを買うと、つい量でごまかしたくなるので、モノが増えて行くのです。

 

自分軸のモノがだんだん増えて行くことが、その人が美意識を持っていくということです。

好きなモノをメンテして着回せば、余計な服でクローゼットが溢れることもありません。

自分が好きなモノがわからなくて、みんなが着ているモノが良いという流れになると、家の中にモノが増えてしまうのです。 

 

まず捨ててから、収納する。

片づけられない人は、収納上手になろうとしています。

収納上手になると、モノが増えます。

収納は、むしろ下手でいいのです。

収納上手にならなくても、そもそもモノが少なければいいのです。

「片づけに時間がかかるんです」という人は、モノを捨てていないのです。

まず捨てることで、圧倒的に収納する手間を減らせます。

「片づけに手間がかかるんです」という人は、「捨てないで」ということが前提となっているのです。

8割捨てて、残りの2割を収納するのは楽です。

 

まず、今あるモノを全部外へ出し、捨てられるモノを捨てます。

そうすると、家の中がスッキリします。

「こんなに広かったんだ」と気づくことができるのです。