うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

「シンプルシンキング 単純に生きる100のヒント」を読みました

f:id:seikatsuhogo:20171126055742j:plain


 「シンプルシンキング 単純に生きる100のヒント」を読みました。

引用レビューしていきます。

 

 誰でも愛する人のために特別な創造力を持っている

 男女が恋に落ちるとき、2人が同時にというのはまれである。どちらか1人がまず相手を好きになって、パートナーになろうと努力する。

 恋を実らせるための手段としては、いろいろな可能性があるが、一番素晴らしいのは"知力"と"ファンタジー"を使うことだ。この2つは神の贈り物で、恋という目的の為に使えるものである。

 "天上の愛のファンタジー"とも言うべき素敵な逸話があるので紹介しよう。

 有名な作曲家メンデルスゾーンの孫にあたるモーゼス・メンデルスゾーンは、人柄は上品だったが、体型が不格好であった。彼の背中には生まれつきコブがあって曲がっていたのだ。それでよくからかわれたりもした。

 ある日のことモーゼスは、ハンブルグの商人を訪ねた。すると、そこにはとても美しいフルムチェという名の娘がいて、彼は彼女にぞっこん惚れてしまったのだった。しばらくして、彼は自分の恋心を思い切って告白した。

 フルムチェは、ショックを受けたに違いない。そして、彼女は不恰好な成年への嫌悪感を見せないように、何とか気持ちを隠したのだった。

 しかしモーゼスは、頑固に粘りとおして、崇拝する彼女にこんな質問を投げかけた。

 「結婚は天が決めることだと、フルムチェ、あなたは信じますか?」

 「ええ、信じますわ」

 信心深いフルムチェがそう答えると、モーゼスは続けた。

 「1人の男子が生まれる前、天国ではもうわかってるんです。神が彼の妻にはどんな娘を与えるかが。そうして僕にも未来の花嫁が示されました。その時神はこう言ったんですね。

 ” 君の妻となる人は、特別愛らしい人だろう。でも残念なことに、背中にコブがあるんだ"

 それを聞いて、僕は思わず叫びました。

 "ああ、神様、それはひどすぎる。お願いだから、彼女を美しい人にして、コブは僕の方につけてくれ!”とね

 その後すぐ、2人は結婚した。そして幸せな夫婦生活がずっと続いたと言われている。

 

人生は不完全だからこそ面白い

 例えばの話、あなたが病院で働いていたとしよう。

 机の上には、2人の患者の心電図が置かれている。

 1人は時計の機械のように、どこをとっても規則正しい感覚の波形を示している。ところが、もう一人の方は、ある時は鼓動が速く、あるときはゆっくり、またあるときは完全に入り乱れた波形で、激しい変異のあるものだった。

 さて、重病なのは、どちらの患者だろうか?

 波形の変動が激しい方が病気に違いない、と普通答えるだろう。

 でも残念でした!ハズレなのだ。

 不規則な心拍こそ、日常生活のあらゆることに対応できる健康でノーマルな心臓なのである。

(中略)

 この心臓のリズムのように、自然法則が、混乱と秩序との間を行ったり来たりして、人生に豊かさを加えている状態、それが生きているということなのだ。 

 

アインシュタインに学ぶ型にはまらない生き方

 物理学者アルバート・アインシュタインは、着るものに関して特に無頓着だった。上品な服装なんて言うモノは、軽視していた。

(中略)

 彼のトレードマーク、クレイジーな教授の"ボサボサ頭"は、簡単な理由からそうなった。彼が理髪店に行くのを嫌がったために、近眼の妻エルザが彼の髪を切らねばならなかったからである。

 アインシュタインはこう考えていた。

 「肉を包んだ袋の方が、肉より価値があるなんてことあるはずがない」

(中略)

 「私はいつもいい加減な格好でいるよ。たとえせいなる式典の晩さん会でもな」

 彼は型にはまらない、自分のスタイルを発見したのだ。そして心なごませる正直さでこう告白したのだった。

 「正しい礼儀作法を拒むことで、何物にも邪魔されない自由を手に入れられるからね」

 見かけは悪いかもしれないが、プレッシャーが少ない生活は悪くない。そこには十分な自由があるし、自分のままでいられ、外見もそう気にしなくていい。

 聡明な謙虚さを持った彼の相対性理論の教えは、明らかに時を超え、人の心をひきつけている。 

 

時代を超えて残る長生きの為の10の知恵

 スコットとヘレンのニーリング夫妻は、アメリカの急進的な"シンプル・ライフ"のパイオニアである。

 1932年(世界恐慌のまっ最中)、2人はニューヨークを捨てて、ベルモント州のグリーン・マウンテンに移り、新たな生活を始めた。

 自らの手で石造りの家を建て、毎日の辛い肉体労働に従事していた。

 ヘレンのメモ帳には、より良い"シンプル・ライフ"の為の、時代を超越した言葉が残されている。

  1. その時々に起こることに対して、全力を尽くせ。
  2. 仕事は自分が喜びを感じるモノを探せ。
  3. 衣食住は、もっとも単純であるべし。余計なものすべてから自分を引き離せ。
  4. 毎日、自然とコンタクトを取るべし。自分の足の下にある土を感じよ。
  5. 自分の体をハードな肉体労働、庭いじり、またはきちんと散歩することなどで、元気に保て。
  6. 心配をしないこと。毎日を新しい気持ちで「今」「ここ」を生きよ。
  7. 1人暮らしならば、毎日、他の人と関わる時間をとるべし。誰かに手紙を書く。何かを贈る。何かの方法で誰かを助けるなど。
  8. 人生と世界に感嘆する時間を持つべし。人生に少しの喜びが出現するのを、できるだけ捕えること。
  9. 忘れないように。すべての物事は人生に立った一度だけしかないことを。
  10. すべての生き物に、優しく接するべし。

 

 ない物ねだりより、今あるものに目を向けよう

 旧約聖書という知恵に満ちた本には、素晴らしい一文がある。

 「ないモノを望むより、目の前にあるモノを利用する方がいい」(伝道の書6・9)

 この文は、私が困っていた時の魔法の言葉だった。お金がなかった時、子供のおかげで仕事が進まなかったとき、この文を頭に入れておけば、必ず解決法が見つかった。

 今は不可能なことや困難なことばかりを見つめる人はやがて、他人は自分より良い立場にいるのに、自分だけが成功していない、という厄介な気持にとらわれてしまう。 

 こういった考え方は、精神を食いつくすものだ。するとしだいに、絶望や不満足感、ねたみがその人を支配していく。

 本当の哲学者と言えるセネカは、実用的に考え、より平静であるための方法をも提供している。

  1. 今の状況に合わせる
  2. 愚痴は最小限にする
  3. 今の状況の良いところを見出し、そのすべてを自分のモノにする

 

ポイントを1つ押さえておくだけで十分だ

 ちょうど北極の上に、1つ星がある。だからその星はいつも、空の同じところにあるのだ。天文学者にとっては、大騒ぎすることではない。

 この星、北極星の発見が、素晴らしいモノなんだとわかるまで、私には長い時間が必要だった。庭のベンチに座って空を仰ぐと、北極星は1年中どの季節でも、屋根の上のテレビアンテナからちょうど指1本分のところで光っている。

 これはとても便利だ。北極星を中心に、全宇宙がその周りをまわっているように見えるのだ。北極星からはすぐに北斗七星が見つかるし、そこからはすべての星座を次々と見つけることができる。突然、空にある目まぐるしい数の星が、1つ1つよくわかってくるのだ。すべての星を知らなくても、ポイントとなる数個の星がわかっていれば十分で、空でもう迷うことはなくなるのだ。

 これはめまぐるしく多様な、人の日常生活にも言えることだ。

 重要なポイントを一つ押さえておくだけで、混乱の世の中を迷わずに生きることができるのである。

 

ちょうど高いところから人生を見れば心も楽になる

 もし私が自分の人生を、もう一度生きることができたなら…

 …もっとたくさんの間違いをするだろう。

 私はのんびり生きるだろう。

 この人生よりもっと狂っているだろう。

 私はもっと多くのリスクを冒すだろう。

 私は自分の思い込みから作ってしまう問題を少なくして、本当の問題をもっと多く見つめて生きるだろう。

 私の人生には良い時がある。もしもう一度生きることができるなら、良い時をもっと味わいたい。

 冬から春の日差しに変わった時、裸足で歩くだろう。

 私はいろいろサボるだろう。

 より頻繁に日向で寝そべるだろう…

 これらは心理学的助言や、教会の説教からではなく、バイクの広告から引用したものである。