うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活

読書

星覚著「坐ればわかる 大安心の禅入門」を読みました

星覚さんの「坐ればわかる 大安心の禅入門」を読みました。 曹洞宗の大本山永平寺で三年間修行した方の本です。 永平寺での修行生活に関する記述を引用します。 護持と拝請 道元禅師に学ぶトイレの心得 永平寺の食事作法 一日の始まりは寝ることから 六百キ…

有馬頼底著「力を抜いて生きる」を読みました

有馬頼底さんの「力を抜いて生きる」を読みました。 有馬頼底さんの「力を抜いて生きる」読み終わりました。久しぶりに付箋貼りまくりながら読みました。これは大変ですよ。引用レビューします。— うつ病生活保護受給者のミニマルライフ (@welfare_minimal) …

松原哲明著「私の禅的生き方」を読みました

松原哲明さんの「私の禅的生き方」を読みました。 臨済宗の公案をわかりやすく解説されてました。 引用レビューします。 生きながら死人になるということ 僧堂では修行をしごきと勘違い 「無生」とは何か 無にするための六つの教え 自分に合わないものは刈り…

玄侑宗久著「自灯明」を読みました

玄侑宗久さんの「自灯明」を読みました。 これまで読んだ玄侑さんの本より読みやすかったです。 引用レビューします。 「捨てるべき私」と「頼るべき私」 自分を「調えていく」ということ 悟るために修行するのではない 「捨てるべき私」と「頼るべき私」 「…

玄侑宗久著「禅的生活」を読みました

玄侑宗久さんの「禅的生活」を読みました。 難しかったのでかなり飛ばしながら読みました。 引用レビューします。 うすらぼんやり見る練習 誰でも悟れるのか 頓悟と漸悟 うすらぼんやり見る練習 まず試しに、目の前に人差し指をたてた手をおいていただきたい…

玄侑宗久著「無功徳」を読みました

玄侑宗久さんの「無功徳」を読みました。 引用レビューします。 にこにこするのは世界を大目で見ている証拠 裸に戻って出直す にこにこするのは世界を大目で見ている証拠 日本にまだ科学が一般的でなかった江戸時代、黒船でやって来たペリー総督は、日本滞在…

南直哉著「なぜこんなに生きにくいのか」を読みました

南直哉さんの「なぜこんなに生きにくいのか」を読みました。 引用レビューします。 「生きたくない」人が抱える困難 孤独が人を絶望へと追い込む 自己嫌悪の塊が暴発する時 うわっつらの愛国心でごまかしてはいけない 「生きたくない」人が抱える困難 一方、…

小池龍之介著「しない生活」を読みました

小池龍之介さんの「しない生活」を読みました。 引用レビューします。 ものごとに集中するには、頑張りすぎず、だらけすぎず 人は生きている限り「満足しない」という苦を味わう ものごとに集中するには、頑張りすぎず、だらけすぎず 仏陀の弟子の一人に、出…

小池龍之介著「つながらない関係」を読みました

小池龍之介さんの「つながらない関係」を読みました。 引用レビューします。 己の道をまっとうする 何かに対する執着が増すほど、心は自由闊達さを失う 己の道をまっとうする けれども、彼はそのような不遇にあって、へこたれることなく恬淡として、朗らかで…

小池龍之介著『「それ、どうでもいい」という過ごしかた』を読みました

小池龍之介さんの『「それ、どうでもいい」という過ごしかた』を読みました。 引用レビューします。 はじめに 対等に並び立ちたい、でなく勝者を引きずり降ろしたい「平等精神」 ルールとは他人に課すものではなく、自分に課すもの はじめに こだわれば、肩…

枡野俊明・沖幸子共著「禅と掃除」を読みました

枡野俊明さんと沖幸子さんの「禅と掃除」を読みました。 引用レビューします。 清らかな空間に身を置くと、自然と心も整うようになる 何かを得るよりも手放すことを考える ものを減らすことから始めよう 持たずに暮らすためのヒント 清らかな空間に身を置く…

ひろさちや著「世間も他人も気にしない」を読みました

ひろさちやさんの「世間も他人も気にしない」を読みました。 引用レビューします あなたがガンになったとき…… 請求書の祈りと領収証の祈り 競争社会こそ地獄である 社奴か社畜か?現代のサラリーマン 趣味で貧乏をしていた江戸っ子 世間の奴隷になった現代日…

「暮らしの中に生かす禅の作法」を読みました

「暮らしの中に生かす禅の作法」を読みました。 引用レビューします。 整理とは捨てること 自分にとって必要最小限の物とは 自分の執着と向き合いましょう 整理とは捨てること 片づけは、本来の自分の姿を見つめ直す作業です。どう片づけていいかわからない…

枡野俊明著「美しい所作が教えてくれる幸せの基本」を読みました

枡野俊明さんの「美しい所作が教えてくれる幸せの基本」を読みました。 引用レビューします。 はじめに ーー所作は、「智慧」を築くための礎 生きている実感が得にくい現代生活で、「便利じゃなくて丁寧」に生きる 正しい所作とは、当たり前のことを当たり前…

ひろさちや著「しあわせになる禅」を読みました

ひろさちやさんの「しあわせになる禅」を読みました 引用レビューします。 身体の自由より、精神の自由を選んだ慧可 奴隷から自由人へ インド人の好きな「ノープロブレム!」 必要のないことは考えない 卑屈になるな! 宗教を持たない現代日本人の不安 釈迦…

高田明和著「一日10分の坐禅入門」を読みました

高田明和さんの「一日10分の坐禅入門」を読みました。 引用レビューします。 うつ病発生のメカニズム うつ病と心の在り方 次に呼吸を正す うつ病発生のメカニズム ところが薬を使用しても治まらない場合が多いのです。セロトニンの量を増やすとされる選択的…

枡野俊明著「生きるのがラクになる椅子坐禅」を読みました

枡野俊明さんの「生きるのがラクになる椅子坐禅」を読みました。 引用レビューします。 わたしだけがこんなにつらいのはなぜ? どうしたら生きるのがラクになるのか? 時間に追われる生き方をしていないか? わたしだけがこんなにつらいのはなぜ? つらい、…

ひろさちや著「がんばらない、がんばらない」を読みました

ひろさちやさんの「がんばらない、がんばらない」を読みました。 引用レビューします。 知足 懺悔 過去・未来 八万四千の法門 この世には仏様がお考えになったいろんな配役があるんです 知足 幸福とは何か……に関して、世間一般では次のような「幸福の公式」…

ひろさちや著「じたばたしても仕方ない」を読みました

ひろさちやさんの「じたばたしても仕方ない」を読みました。 引用レビューします。 まえがき 引きこもりで悩む人に すべてのものは「ありがたい」 精進とは何か 人生は楽しく 金で買えないもの まえがき 何か問題が生じたとき、その解決には二つの方向性があ…

枡野俊明著「禅と食」を読みました

枡野俊明さんの「禅と食」を読みました。 引用レビューします。 食材に対する心のありようは人間関係にもあらわれる 食材は大切に、余すところなく使い切る 修行中の禅僧の食事とは 器は三本の指で持つと「所作」が美しくなる 嫌いなもの、食べられないもの…

ひろさちや著「捨てちゃえ、捨てちゃえ」を読みました

ひろさちやさんの「捨てちゃえ、捨てちゃえ」を読みました。 引用レビューします。 まえがき 「かくあらねばならぬ」ではなく、「いいかげん、ずぼら、ちゃらんぽらん」でちょうどいい 他人目――自分は自分と割り切る 異なる意見への毛嫌い――他人には別の意見…

ひろさちや著「あるがままに」を読みました

ひろさちやさんの「あるがままに」を読みました。 引用レビューします。 道風の蛙とイソップの狐 遊戯三昧の境地で救う 宗教教育がないから、まともな家庭が育たない どちらがいいか、そんなことはわからない Q,仕事量が多く残業の毎日。その私を遊び呆けて…

ひろさちや著「気にしない、気にしない」を読みました

ひろさちやさんの「気にしない、気にしない」を読みました。 引用レビューします。 もし神様に願いをかなえてやると言われたら 私たちは「自分の人生を生きる」のです 役割として「考えない」こと 拍手喝采を求めるから不安になる 観客に注目されていると思…

山折哲雄著「あなたの知らない道元と曹洞宗」を読みました

山折哲雄さんの「あなたの知らない道元と曹洞宗」を読みました。 仏教や禅の本ばかり図書館で借りてきました。 まずは日本の二大禅宗の曹洞宗についての本からです。 引用レビューします。 はじめに――日本仏教史と曹洞宗 日本には禅宗が三宗派ある? 日本の…

ちゃくま著「簡単に暮らせ」を読みました

ちゃくまさんの「簡単に暮らせ」を読みました。 引用レビューします。 はじめに ミニマムライフで決断が速くなる 行動のシンプル化。「今、できること」の範囲でこなすだけ 「喜びの沸点」を低くして暮らす 反省は1分以内 漠然とした不安を捨てる はじめに …

ひろさちや著「知識ゼロからの禅入門」を読みました

ひろさちやさんの「知識ゼロからの禅入門」を読みました。 ひろさちやさんの「知識ゼロからの禅入門」を読みます。漫画仕立てになっているのでスラスラ読めます。面白いです。— うつ病生活保護受給者のミニマルライフ (@welfare_minimal) 2018年1月12日 今回…

亀山早苗著「もうすぐ30歳になるあなたへ」を読みました

亀山早苗さんの「もうすぐ30歳になるあなたへ」を読みました。 女性向けだと思うので、ところどころ飛ばしながら、斜め読みしながら読みました。 引用レビューします。 結婚願望に潜んでいるもの 自分を幸福にするのは自立した自分 "何がしたいか"つねに問い…

平井正修著「心がみるみる晴れる 坐禅のすすめ」を読みました

平井正修さんの「心がみるみる晴れる 坐禅のすすめ」を読みました。 久しぶりに本読みました。 引用レビューします。 余計なものを捨てて、本来の裸の心に戻ること、それが坐禅 「誠を尽くす」とはどういうことか? 道に迷った時どうしますか? 毎日を大切に…

吉村昇洋著「気にしなければ、ラクになる」を読みました

吉村昇洋さんの「気にしなければ、ラクになる」を読みました。 明けましておめでとうございます。 年が明けても特に新年らしい行事もしていないので実感がないのですが。 読みたい本も粗方読み終えて、読書熱が冷めてきています。 電子書籍を読むためにi pad…

ドミニック・ローホー著「屋根ひとつお茶一杯」を読みました

ドミニック・ローホーさんの「屋根ひとつお茶一杯」を読みました。 引用レビューします。 広い家が奪うもの、小さな家が与えてくれるもの 若者たちが欲しているのは「時間」と「経験」 成熟した物差しを持って、ほがらかに暮らす 自分の人生を楽しむために気…