うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

メンヘラナマポおじさんの健康で文化的な最低限度の生活(ミニマルライフ)@welfare_minimal

楽天でstorusのマネークリップを注文しました

f:id:seikatsuhogo:20181212203834p:image

来たるキャッシュレス社会に備えて、storusのマネークリップを注文しました。

どうも、メンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

政治がキャッシュレスを推進している

2019年10月の消費税増税に合わせてポイントバックを増量するなど、政治がキャッシュレスを推進しようとしています。

それに備えて財布を見直すことにしました。

 

現在はabrasusの小さい財布

まだ購入してから1年経っていないくらいなんですが、現在はabrasusの小さい財布(ブッテーロレザー)の黒を使っています。

 

カードサイズで小さくてとても気に入っています。

気になるところがあるとすれば、三つ折り財布なので紙幣が丸まってしまうことと、小銭があまり入らないことくらいです。

 

現在ほぼキャッシュレスな生活をしていて、現金を使うのはタバコ屋に行く時か、パン屋に行く時くらいです。

まだ完全にキャッシュレスにはなれていませんが、来年の増税に合わせてタバコ屋、パン屋がキャッシュレス決済を導入してくれるのではないかと期待して、世界で一番売れているというstorusのマネークリップを注文しました。

 

カードホルダーが欲しかった

クレジットカードとキャッシュカード、免許証など4、5枚のカードを収められるカードケースがないかと探していました。

 

 

ganzoのシンブライドルマネークリップを購入候補の筆頭に色々見ていたんですが、これは内側の革の質感がイマイチ好きになれませんでした。

f:id:seikatsuhogo:20181212205740p:image

シボ感というのでしょうか。

毛が生えてきそうな模様が「ついこの間まで生きていました」感があって鳥肌が立ちます。

外観や構造はとても良いのですが、エイジングした時の内側の革の色味がただ汚いように見えてしまい泣く泣く断念。

 

storusのマネークリップ

金属製のマネークリップはまったく選択肢に入っていませんでした。

お金やカードを挟むだけ、というのが飾り気が無さ過ぎると思っていました。

 

ですがこのstorusのマネークリップはカードを内側に取り込むタイプなので、ほぼカードサイズあります。

見た目も高級感を感じます。

一目惚れに近いものがありました。

 

マットブラックかグラファイト

f:id:seikatsuhogo:20181212210837j:image

↑マットブラック

最初はマットブラックにしようかと思っていたんですが、Amazon楽天のレビューを読んでいると、「マットブラックはプラスチッキーだ」とありました。

言われてみればそう見えなくもありません。


f:id:seikatsuhogo:20181212210833j:image

グラファイト

その後グラファイトを画像検索してズキュンと来ました。

黒くて光沢があって高級感も感じます。

黒が一番好きな色なので、これで決まりでしょう。

 

楽天で名入れしてもらいました

発送の早さならAmazonでしょうが、楽天限定で無料で名入れをしてもらえるということで、「世界で1つだけ。私だけのマネークリップ」にするために楽天で注文しました。

Amazonで買っても楽天で買ってもお値段は変わらないので、楽天で買う方がポイント的にもお得ですよね。

 

最後に

今後は現金決済で小銭が出るとわかっているタバコ屋、パン屋に行く時はabrasusの小さい財布、それ以外はstorusのマネークリップという二段構えでいきたいと思います。

タバコ屋、パン屋がキャッシュレス決済を導入してくれればマネークリップ一択にできるんですが、どうなるでしょう。

これからの世の流れを注視していきたいと思います。

【ベイユヴェール】バゲットを美味しく食べるための最高のバターがフランスから届きました

f:id:seikatsuhogo:20181207120138j:image

バゲットを美味しく食べるための最高のバター、ベイユヴェールの無塩バター1kgがフランス パリから届きました。

待ち焦がれていたので堪りません、メンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

開封&冷凍保存

f:id:seikatsuhogo:20181207120041j:image

開封したところです。

250g×4個で1kgあるので、1人ではすぐには食べきれないので冷凍保存します。

冷凍保存のやり方は、販売しているサイトに載っていたとおりにやっていきます。

 

f:id:seikatsuhogo:20181207120129j:image

まずは1つだけ残してサランラップで巻きます。


f:id:seikatsuhogo:20181207120058j:image

販売元のページでは「新聞紙で包め」とありましたが、新聞紙はないのでネット通販で梱包材にされていた紙で包みます。

あとは冷凍庫に入れるだけです。


f:id:seikatsuhogo:20181207120112j:image

↑あらかじめ買っておいた野田琺瑯のバターケースに入れたところです。

 

実食

f:id:seikatsuhogo:20181207120153j:image

昨日買っておいたバゲットに乗せて食べました。

「the 上質」って感じでした。

バターでぶん殴られたような濃厚さです。

2日目のバゲットなので、バゲットの噛み応えに惑わされているところがあるので、もっとじっくりゆっくりバターを味わう必要があります。

 

これからほぼ毎日少しずつ食べていきます。

楽しみができて良かったです。

【KEVNHAUN】Amazonで注文していたカッティングボード兼トレイが届きました

f:id:seikatsuhogo:20181205113010j:image

Amazonで注文していた、KEVNHAUNのカッティングボード兼トレイが届きました。

お値段安めだったので正直それほど期待していなかったんですが、意外や意外、なかなか高級感があって堪りません、メンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

開封の儀

f:id:seikatsuhogo:20181205113023j:image

↑カッティングボード側


f:id:seikatsuhogo:20181205113036j:image

↑トレイ側

 

早速使ってみました

f:id:seikatsuhogo:20181206110809j:image

輪切りにしたバタールとミルククリームスプレッド、カフェラテです。

これだけでもなんとなく小洒落た雰囲気になって、テンションが上がります。

 

最後に

あとはベイユヴェールのバターが届くのを待つだけです。

バゲットを美味しく食べる最終段階です。

楽しみです。

朝からパン屋を2軒ハシゴしてバゲットを買ってきました

f:id:seikatsuhogo:20181202100613j:image

朝から自転車でパン屋に2軒行って、くたくたのメンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

1軒目はバゲット売り切れ

seikatsuhogo.hatenablog.com

前にも行ったことがある、自宅から自転車で10分くらいのパン屋さん。

ここは朝の7時から営業しているんですが、開店と同時に行くつもりが二度寝してしまい、起きたら8時過ぎ…

 

慌ててお店に行くもバゲット(バタール)210円は売り切れていました。

新しいのを焼いてるかもしれないので少し待っていたんですが、店が混んできたので何も買わず撤退。

 

2軒目でバゲットゲット

自転車で20分くらいのところに、朝8時30分から営業しているブーランジェリーがあることを思い出しました。

Googleで「パン屋」と検索すると近所のパン屋一覧が出てきて、ユーザーが評価をつけられるようになっているんですが、私が自転車で行ける範囲内では一番評価が高いパン屋さん、もといブーランジェリーです。

寒いですし遠いですしあまり行きたくはなかったんですが、手ぶらでは帰れないということで自転車を漕いで行ってきました。

 

トップ画像が購入したバゲットなんですが、国産小麦を使った「バゲット」と、フランス産の材料だけで作った「プレミアムバゲット」の2種類ありました。

お値段は両方とも200円。

フランス贔屓の私は、水までフランス産にこだわったという、プレミアムバゲットに心踊らざるを得ません!

 

業務スーパーにも寄りました

帰り道にある業務スーパーにも寄って、バゲットに塗るミルククリームスプレッドを2つ買いました。

アイス割引というポップに負けて、アイスも買ってしまいました。

余計なものを買ってしまいましたが、人生には甘いものも必要です。

 

国産とフランス産を食べ比べ

f:id:seikatsuhogo:20181202102513j:image

帰ってきて先日届いたGudeのブレッドナイフで輪切りにし、早速食べ比べてみました。

seikatsuhogo.hatenablog.com

 

↑白い粉がまぶされているのが、フランス産のプレミアムバゲットです。

 

結論から言いますと正直よくわかりません。

最初のひとかけらは何もつけずにそのまま食べたんですけど、フランス産の方が香ばしく、国産はマイルドな感じ。

 

業務スーパーで買ったミルククリームスプレッドを乗せて食べると、もうどちらも美味しかったです。

控えめに言って極上。

ミルククリームスプレッドはスーパーで売っている食パンに塗っても美味しいんですけど、評判の良いパン屋さんのバゲットに塗って食べるとこんなにも違うか、とそちらの方に驚きました。

 

最後に

2軒目のパン屋さんはちょっと体力、気力的に日常的に通うには遠くてしんどいんですけど、できれば普段使いにしたいパン屋さんでした。

 

8時半開店で9時前に到着したんですけど、国産バゲットはまだ数本ありましたが、フランス産プレミアムバゲットは最後の一本でした。

他のお客さんの評価はフランス産の方に軍配が上がるようですね。

私もどちらか片方だけ買うなら、できればフランス産の方を買いたいです。

 

朝からハードワークして疲れたので、お昼寝します。

では。

【野田琺瑯】Amazonで注文していたバターケースが届きました

f:id:seikatsuhogo:20181205111838j:image

Amazonで注文していた、野田琺瑯のバターケースが届きました。

中に入れるバターが早く届かないかとワクワクしている、メンヘラナマポおじさん(@welfare_minimal)です。

 

開封の儀

f:id:seikatsuhogo:20181205111826j:image

シンプルなんですが、質の良さを感じます。

早くベイユヴェールのバターを入れて使いたいです。

 

付属の説明書に「バターナイフなどが琺瑯に当たると、バターナイフが削れて琺瑯の色が禿げる可能性があります」とありました。

使うときは、裏返して蓋にバターを乗せる感じになりそうですね。

その方がバターも切りやすそうです。

 

最後に

少しずつ少しずつ、台所、食卓周りのものが洗練されてきました。

もはや小洒落たおじさんです。