うつ病生活保護受給者のミニマルライフ

30代男。うつ病で生活保護受給中です。@welfare_minimal

ドミニック・ローホーの「シンプルに生きる」を読みました。

f:id:seikatsuhogo:20171030225228j:plain

ドミニック・ローホーの「シンプルに生きる」を読みましたので、引用、レビューをします。

はじめに

 ものを少なくして、身軽に、自由に生きてみたい。そう望んで、自分の理想の生活スタイルを追求し始めたものの、その道筋はとうていシンプルなものではありませんでした。さまざまな失敗を経験し、紆余曲折を経て、ようやく「シンプルに生きる」ということこそが、自分の信念に合った、快適な生き方だと気づいたのです。

 ものを過剰に所有することをやめてみましょう。すると、ものに対して使っていた時間が減り、自分自身にかける時間が増やせます。からだをケアし、心のなかの整理をすると、自分のもっている可能性を再発見することができ、意欲が湧いてきます。

 シンプルにすること。それは、暮らし全体の風通しを良くするということです。ものを減らすことから始めて、時間の使い方やひとづきあい、自分との向き合い方まで、あらゆることをシンプルにすると、たくさんのものに囲まれていた時よりもずっと、心が豊かになり、幸せな時間が過ごせるようになります。 

 最小限のものだけで生活し、身軽でいつでもどこへでも行ける状態で生きる。

理想の生活です。

 

「目利き」になる

 自分が本当に必要としている、お気に入りのものたちだけに囲まれていれば、平穏な気持で暮らすことができるようになるにちがいありません。 

 

「日本人が長旅を準備するには、五分もあれば充分である。なぜなら、彼らには必需品というものが少ないからだ。束縛されず、家具もなく、最小限の衣類で生きられるという彼らの才能は、日々が戦いである人生において、この国民の優位性を見事に表している」

                   ラフカディオ・ハーン『心』

 

大好きなものだけに囲まれて暮らす

 自分が本当に好きなものはなにか。

 自分の生活スタイルに合っているものはなにか。

 これがわかっていない人たちが大勢います。

 ものとは、いわば、わたしたちの感動を入れる器です。使い勝手が良いだけでなく、喜びを与えてくれるものでなければなりません。

「身の回りにおいておくのは、大好きなものだけにする」と、今から心に決めてください。つまらないものや過去のものに、自分の世界を占領されないように。少しだけ、でも飛びきり良いものだけに囲まれて生活することを心がけましょう。 

 

美しく、機能的で、自分にぴったりなもの

 日用品に、壊れやすいものや粗悪品は許されません。どんなに美しくても、扱いにくいものはダメ。壊さないようにと気をつけていたら、使う楽しみが半減してしまいます。 

 

ベーシックで上質なものにこだわる

 欲しくてたまらないけれど、値段が高くて手の届かない憧れのソファーがあるとしたら、間に合わせのソファーを「とりあえず」購入するのではなく、貯金をして、時間をかけてでもそのソファーを手に入れましょう。間に合わせのソファーを手に入れてしまえば、結局は自分がその程度のものになじんでしまうことになるからです。 

(中略)

 ある高級カバンメーカーの販売担当者に言われたことがあります。

「法外と思えるほどの高い大きな買い物よりも、度重なるガラクタ買いの方が、結局は高くつく」と。

 そして、高くても良い買い物は、それだけ人生に満足感を与え続け、それを取り出して眺めるたびに喜びを与えてくれるものだとも。

 

質素、清潔、秩序を重んじる楽しみ

 シーツを畳んだり、洗面を済ませた後に洗面台を洗ったり、朝食用のシリアルの蓋をきちんと閉じて元の場所に戻したりしながら、このような小さな自己満足感を味わってみてください。これこそが大切にすべき、小さな秘密の楽しみなのです。 

 

あなたが主役になれる住まいづくりを

 洋服ダンスに入りきらないほどの服があるのに、着たいものが見つからない。

 冷凍庫に、いつから入っているかわからない食品が詰まっている。

 山のように積んである本の前に立っても、読みたい本が見つからない。

 このような状態の家は「不健康」な家です。ここでの暮らしは、不必要なものとの戦いの毎日。これでは、家の主役を不要なものたちに奪われてしまっているも同然です。シンプル主義を実践して、あなたが主役の住まいを築きましょう。 

 

住まいの基本は、コンパクト・快適・便利

 狭いながらも完璧な部屋の片隅で、好きな本を読みながら一杯のお茶を飲む。至福の時間を過ごすことができます。

 わずかな、自分が選び抜いたもののみに囲まれた生活こそが理想です。豪奢よりも質素を、喧騒よりも静寂を、流行りのものよりもオーソドックスで長持ちするものを。 

 

自分らしいスタイルを磨く

 ワードローブを質素でオーソドックスなものにしておけば、その日身につける服を選ぶ手間も、登場回数の少ない服をより分けたり処分したりといった面倒な作業も省けます。

 

ショッピング――――――予算とメンテナンスを考えて

 上質の木製ハンガーを思い切って購入し、洋服を購入した時や、クリーニングから戻ってきたときなどについてくる、針金やプラスティックのハンガーは捨ててしまうこと!

 形の揃った木製の美しいハンガーだけが並ぶと、あなたのクローゼットは、それだけで高級ブティックの趣をそなえた場所になります。

 ハンガー同士が互いにぶつかって立てる、カタカタという音さえ楽しく感じます。

 

交友関係もシンプルに

 居心地の悪いシチュエーションに、無理に適応しようとするのはやめましょう。つねにまわりが要求することに気を配り、仮面を被って様々な役を演じるような、巷のルールは放っておきましょう。 

 

聞く耳をもつ

 相手に対して親切な言葉がかけられない時の黄金律は、「なにも言わないこと」です。 自分が相手に敬意と思いやりをもち、相手のことを大切に思って対応していることが伝わればそれでいいのです。

 おしゃべりは度を超すとエネルギーを使い果たし、言葉が本来もつ重みを失わせます。

 おしゃべりは自己満足につながっています。なぜならほとんどの場合、自分の話をするからです。

 

他人を当てにしない、他人を変えようとしない

 ひとは自分ひとりでは叶えられない幸福を、他人に求めようとします。

 けれども、自分を取り巻くできごとに対して、責任があるのは自分だけです。幸せになるためには、他人を当てにしてはいけません。

 尊敬すべきは、他人になにも求めない人です。そういう人は、自分の内に永遠の可能性を見つけられるでしょう。

 どんな理由があれ、他人を変えようとするのはやめましょう。

 そんなことをしても、あなたの人生が複雑になるだけです。エネルギーを奪われ、フラストレーションが残るだけです。 

 

ストレスとつきあう方法

 心配事の九割は、実際には起こりません。起こりもしないことを思い悩むのに、時間とエネルギーを使うのはやめましょう。 

 

プラス思考を手に入れる

 訓練を積むことにより、マイナス思考は抑えることができるようになります。

 まず、過去にこだわるのをやめ、今できることに考えを集中することを心がけましょう。例えば、朝は、どのような一日にしたいか自分に問いかけ、眠りにつくまえにも今日の楽しかった出来事を思い出すようにする。たったこれだけでも、続けていくうちに、思考のスタイルが前向きに変わっていきます。 

 

孤独を味わう

 孤独を味わえるようになることで、むしろ、他人が存在する喜びが二倍に感じられるようにもなるでしょう。そうすれば、周りの人に、今まで以上に多くの喜びをお返しすることができます。

 それだけ孤独は、人生を豊かにするものなのです。 

 

あっという間に読み終わりました。

文字数は少ないんですが、最低限の言葉でビビっときます。

掃除したい、断捨離したい!

今なら捨てるのを躊躇して見ない振りしていた服もバッサリ捨てられる気がします。

広告を非表示にする